看護師不足対策ナビ - 根本的な理由と問題点とは?TOP > さまざまな対策A > 地方の対策について

地方の対策について

 

日本全体で看護師不足が騒がれていますが、実際には地方と都心では差が激しいと言われています。

 

また、看護師不足と同時に医師不足も問題となっていますが、どちらかと言えば医師不足の方に重点が置かれがちで、看護師不足の問題が後回しになってしまっていることが事実のようですね。

地方の病院では、看護師が不足してしまっていることから、病床の休止をせざるを得ない状況に追い込まれてしまうところもあります。

 

都市部では、地方に比べると条件が良く、看護師として働く事ができる病院が多いようなので、地方で看護師として働いていた人がこれをきっかけに転職をしてしまう事があります。

 

誰でも、同じ仕事の内容なら条件が良いところを選びたいと思いますからね。

 

これは、看護師の方も同じです。

 

きつくて厳しい仕事をこなす事になるので、待遇面はかなり注目度が高い条件となっていることから、地方で働くよりも都心部でイキイキと働いた方が良いわけです。

 

現時点で地方の看護師不足の対策と、都心部で行っている看護師不足の対策には格差があるのも、地方で看護師が不足してしまっている理由の一つではあります。

 

ですが、一方では医療は地域によって格差があるのもまた、看護師が地方で少なくなってしまう理由でもあります。

 

スキルアップのために、研修制度が多い病院やセミナーに参加できる仕組みを作っている病院が都心部に多いのも事実なので、看護師の仕事にやりがいを感じている方は、このような制度が充実している病院へと転職をしてしまうんですね。

 

地方と都心部の格差をなくすために、国全体で同じ制度や政策を打ち出す事が、今後重要になってくると言えますね。

 

 

 

さまざまな対策A記事一覧

法律改正で対策を

いろいろな対策を講じても、思うように看護師不足が解消されないのが実情です。国をあげて看護師不足をなくすために、考えられている政策はいくつかあるものの、どれも上手く運用できて...

外国人看護師で対策を

日本国内ではあまり見かけることはないですが、日本以外の国では外国人の看護師を派遣してもらうことで、看護師不足を解消している国があります。海外では、外国人の看護師の受け入れが...

地方の対策について

日本全体で看護師不足が騒がれていますが、実際には地方と都心では差が激しいと言われています。また、看護師不足と同時に医師不足も問題となっていますが、どちらかと言えば医師不足の...