看護師不足対策ナビ - 根本的な理由と問題点とは?TOP > さまざまな対策@ > 対策法とは?A

対策法とは?A

 

看護師不足を解消するためには、どのような対策を行っていけばいいと思いますか?

 

看護師の仕事は、厳しい割には安月給であると言われています。

ということは、待遇が良くなれば「もう少し働こう」という気になるかもしれませんよね。

 

それならば、待遇をあげることが第一に看護師不足を解決できると言えると思います。

 

しかし、待遇が上がれば看護師が辞めないのかと言うと、決してそうではないようですね。

 

なぜなら、女性が多い職場であるために、結婚や出産を迎える日が来ることも多いに予想されます。

 

出産となれば、産休や育児休暇を取得して復帰するという方法もありますが、実際には簡単に復帰することはできませんよね。

 

子供を育てながら働くということは、看護師の仕事以外でも大変なことですからね。

 

ましてや、看護師の仕事は不規則で時間外勤務も多くなるわけなので、子供を育てながら働くという事が困難になってしまいます。

 

なので、辞めてしまう方が多くなるんですね。

 

それならば、子供がいても看護師として働けるような環境を整える他ないと思います。

 

潜在看護師の多くは、職場に復帰したくてもできない理由があります。

 

子供や家庭のこと、また勤務形態など様々ですが、職場の環境を整えるということが看護師不足を解決する近道となる事は言うまでもないですね。

 

以上のような事ができれば、看護師不足を解消することができますが、そう簡単にはいかないのも事実としてあります。

 

病院側も様々な対策を講じてはいるものの、復帰するに至るまで魅力を見出すことができていないため、潜在看護師が多くなってしまっているのが現状です。

 

 

 

さまざまな対策@記事一覧

対策法とは?@

看護師の免許を取得されている方の人数を見ると、決して看護師が不足している状態とは言えません。また、毎年看護師試験を受ける方々もいるので、これらを合わせても看護師不足に陥るこ...

対策法とは?A

看護師不足を解消するためには、どのような対策を行っていけばいいと思いますか?看護師の仕事は、厳しい割には安月給であると言われています。ということは、待遇が良くなれば...

新看護基準について

あなたは、新看護基準についてご存知ですか?新看護基準が設けられた事によって、病院によっては看護師不足を解消できているんですが、多くの病院はこの基準ができてしまったことで、看...