看護師不足対策ナビ - 根本的な理由と問題点とは?TOP > 原因とは? > 診療報酬改正との関連

診療報酬改正との関連

 

看護師が不足しているのには、様々な理由があります。

 

一つだけではなくいろいろな理由が重なってしまった事が、看護師不足に拍車をかけてしまったと言わざるをえません。

待遇や勤務形態、仕事の内容など厳しさから辞めてしまう方が多いですが、診療報酬が改正されたことによって、より看護師不足となってしまっているという事をご存知でしょうか。

 

以前までは、10人の患者に対して一人の看護師という基準に則り、病院は患者を受け入れ看護師はケアに当たっていました。

 

人数だけで見ると、一人で10人の患者のケアを行わなくてはいけないので、大変なのは十分伝わってきますよね。

 

このことから、新しい基準の7人の患者に対して1人の看護師でケアをしようという運動が始まり、10名の時に比べると人数が減っていることから看護師も楽になっているであろうと考えられています。

 

しかし、実際にはそう楽ではないようですね。

 

なぜなら、この7対1の基準を満たしていない病院は、診療報酬が減額されるという仕組みも同時に設定されてしまったからです。

 

7対1という基準に則り病院側が患者を受け入れていけば、高い診療報酬が支払われるようにしてしまったために、多くの病院では基準を満たそうと看護師の争奪戦が始まってしまいました。

 

入院患者の人数を減らすことなく病院を運営していく為には、看護師を多く採用しなければなりません。

 

7対1の割合にするために、独自の制度や待遇を設けて看護師の募集をかける病院が多くなり、そのために一定の病院では看護師が足りている状態、そしてある一方では不足している状態が続いているのが現状です。

 

 

 

原因とは?記事一覧

待遇の悪さが原因?

看護師が不足している理由の一つとして挙げられることに、待遇の善し悪しがあります。と言っても、一見看護師になるために国家試験を受ける人数だけを見ると、看護師が不足しているとは...

根本的な原因は仕事内容?

看護師の仕事は、定時があってないようなものだと言われています。実際に、看護師の仕事をされている方の8割は「超過勤務」を経験していると言うから、それだけ大変な仕事だということ...

医療事故との関連

看護師が不足している事で、医療事故が増えてしまうという推測があるのが事実としてあります。本来であれば、医療事故はあってはならないことですし、もちろん病院側も医療事故が起こら...

診療報酬改正との関連

看護師が不足しているのには、様々な理由があります。一つだけではなくいろいろな理由が重なってしまった事が、看護師不足に拍車をかけてしまったと言わざるをえません。待遇や...