看護師不足対策ナビ - 根本的な理由と問題点とは?

 

近年、少子高齢化が進む日本では、医師不足や看護師不足が問題視されています。メディアでは深刻な問題として、テレビや新聞で取り上げられる事が多くなってきたので、ご存知の方も多いと思います。ですが、その詳しい現状について知っている方は、あまり多くないのではないでしょうか。

 

そこで、こちらでは深刻な看護師不足の現状について詳しく解説するとともに、今後の対策として何を行なっていくのか、そもそもの原因は何なのかについてご紹介しています。ぜひご覧になってみて下さい。医療関係者の方はもちろんの事、医療関係者ではない方にも影響してくる問題なので、一緒に考えていきましょう。

 

まず、看護師不足のそもそもの原因は一体何なのでしょうか。ナースという職業に憧れて、難しい国家試験に合格して晴れて免許を手にした方々が、離職してしまう理由は何なのでしょうか。それにはまず、憧れと現実のギャップが考えられます。昔から「きつい・汚い・危険」の3Kが仕事内容を表す言葉でしたよね。それが今では、9Kとまで言われるほど大変な仕事となっているようなんです。

 

それには、職務内容が多忙化している事が理由として挙げられます。医師が行なってきた注射や点滴を行うようになったり、カルテの整理や記録等に費やす時間が以前より増加したそうなんです。また、休暇が取りにくかったり、急患が入ると退勤時間になっても退勤出来なかったり、夜勤があったりすることも理由として挙げられています。

 

特に、結婚・出産を経たナースにとっては、育児と家事、仕事の両立は難しいものがあります。よって、出産後に復帰できない方が多くいることが、離職率の増加に拍車をかけていると言ってもいいくらいです。なので、国家資格を受ける人数が減っているから看護師不足になっているのではなくて、実際には有資格者が復職できる環境が整っていない事が離職理由となっています。

 

かつては「白衣の天使」と呼ばれるほど憧れの存在であるナースは、とてもやりがいのある職業です。出産後に復職したくても出来ない方は多くいます。そんな方々を復帰させる事が問題解決の一つになるというのであれば、意外と簡単に解決できそうな気がしますよね。しかし、そう簡単に解決できないのが現状であります。

 

ちなみに、国が行なっている対策法としては、2006年に診療報酬改定で導入された新看護基準が一つにあります。それは、今まで10人に対して1人の割合で看ていた基準を、7人に対して1人と変更したものです。そして、その基準を満たしている病院には、高い診療報酬を支払うという制度です。一見、これによって基準を満たそうと有資格者の獲得に乗り出した病院は多くありましたが、ますます看護師不足の格差を生んだようです。

 

それらの事から分かるように、勤務形態や職場環境、業務の多忙化、復職しづらい環境など様々な原因から、看護師不足は加速しているようです。それによって、ベテランナースも減少傾向となるために、新人ナースの責任が重くなることでの医療事故やストレス過多等の悪循環が起こってしまっています。

 

これは早急に解決が必要になってくると思います。国全体が看護師不足の現状を重く受け止めて、対策を打ち出して解決に向かうことが重要です。近年世間を騒がせている「病院のたらいまわし」も、看護師不足からきているとも言われているので、早急に解決してもらいたものです。それではごゆっくりご覧下さい…看護師求人ランキングはこちら。

 

日本の現状について


現在、看護師として働いている方は数十万人います。

 

また、毎年国家試験を受けて合格される方については、約一万人いると言われています。

これでも、看護師不足が起こっている理由には離職率の高さなども挙げられますが、勤務条件なども大きく関係しているようですね。

 

そして、国家資格を持っていながらも、仕事に就いていない方が50万人以上もいるとされているのが現状です。

 

ということは、資格を持ちながら働いていない方々が働きやすい制度を導入すれば、問題は解消されるという事になります。

 

現状として、全国で4万人のナースが足りなくなってしまっている今日では、50万人以上もいる資格保有者の方が再就職をすることで、現状は劇的に変えられる事はできます。

 

しかし、これに関しては病院側と働く側の意見の一致が一番のポイントですよね。

 

ナースの仕事は決して楽ではありません。

 

夜勤などもあり、休みも好きな時に取ることはできず、有給があっても無いようなものとも言われているくらい看護師不足が深刻化している状態です。

 

看護師不足の状態が続いていれば、病院側も受け入れられる患者数が限られてしまうため、キャパシティを超えた患者数を見ることはできなくなります。

 

そのような事から、病院側も有資格者を獲得しようと様々な制度を取り入れてはいるものの、離職された方が再度就職しようと思えるような、魅力ある制度がないのも足りない原因の一つなのかもしれませんね。

 

安心した医療を受けるためには、ナースは必要不可欠です。

 

国全体が対策を講じていかなければいけない時代がやってきたと言えますね。

 

原因について


現代の医療現場では、医師不足や看護師不足が問題となっています。

 

看護師不足が起こっているために、現在では病床数を減らしたり患者の受け入れを制限してしまっています。

これらは、看護師不足が原因となっている事は言うまでもないですが、数十年前に比べると患者の病状が変化しているのも原因として挙げられます。

 

まずは、認知症など手が離せない高齢者が増えてきているという事です。

 

認知症などの場合、目を離す事ができないために付きっきりになってケアを行わなくてはいけません。

 

現在は、7人の患者に対して1人のナースという制度があるため、理論的には今までの10人に対して1人となっていた以前に比べれば楽にはなっています。

 

しかし、重症人が増えている事が原因で、病院内での一人当たりの業務の負担が大きくなってしまっているのが現状です。

 

また、作成しなくてはならない書類なども増えている事も原因の一つとしてあるので、理論的には患者7人に対して1人という理想的な数字となっていても、実際に行っている業務は多忙化しています。

 

と言っても、3Kである「きつい・汚い・給料安い」と言われていた仕事ではありますが、数十年前に比べると、手当も厚くなっていて給料自体も高くなっているのが現状です。

 

ですが、本当に行っている業務と給料が見合わないという意見も多く、やっていることが何のためになるのか分からなくなり、離職してしまうという悪循環に陥ってしまっています。

 

勤務時間が何よりも大きな負担原因になっているのは、言うまでもありませんね。

 

 

 

おすすめ看護師転職サイトランキング